トイレについて

トイレ自体使いやすさという事は人間にとってとても重要なものだと思います。
個人的には綺麗で落ち着いた空間であることが最も大事だと思っていますが・・・。
しかし、障がい者施設で働くものにとって考えるに最も使いやすさや重要なことは人間としての尊厳が保たれるという事が、なんと言っても最も大切なことだと考えます。
障がいを持っている方々はその部位により使い方が当然異なる訳で、欠損及び欠如している機能部分をカバーする機能を持たせたトイレであれば最も望ましいのですが、現実障がい者用トイレはユニバーサルデザインで個々に便利なものではなく皆が使いやすいであろうと思われる作りです。
実際、介助する場合通常のトイレよりは障がい者用の方が介助しやすく広さもあるので、個々の機能に合わせてその場その場で介助側の工夫がしやすいのは事実です。
しかしながら、介助する側も人間であり体力的な限界もあり、それが原因で外出を控えなければいけないケースも実際少なくはありません。
自宅や施設では工夫できるお手製のグッズも常に準備できていますが、どうしても汚れる事が多いので使用する本人にとって不快でないようなトイレ空間を出来る範囲多くのケースで提供する事が本当の意味の便利さなのではと考えます。