気に入った家具に囲まれて生活をしたいです。

息子がアパート住まいを始めた頃、家具が全くない部屋ではとてもむなしくなると言っていました。
やはり、ある程度の家具が揃っていると気持ちも落ち着くのかもしれません。
私はあまり、安物は買いたくないと常々思っています。
あまりにも、安っぽいものでは、毎日そこで暮らすのに、気持ちが寂しく感じてしまうような気がします。
今使っているテーブルはとても気に入っています。
やはり、木製の本物が一番です。
木目が一つの芸術のように見えます。
それを眺めていると、どれくらいの年月をかけて切られた木からこのテーブルが作られたんだろうと、思うときがあります。
家族や友人がそこで食事をしたり、お喋りをしたり、その一寸した話の合間に、眺めているだけで気分が暖かくなるような良い家具は貴重です。
住環境は、そんな家具を一つとっても全く違ってきます。
気に入った良い家具に囲まれている人の気持ちも知らずに豊かになれるものです。
そして良い家具は2世代へと受け継がれます。